創業以来「OSGができること」として支援・啓発に取組んで参りました。
これからも多様な社会課題解決に貢献して参ります。

取り組み

アジアへの井戸・飲料水支援活動

カンボジア・チュテアル村への井戸寄贈

水を得るために1日1~3kmの距離を女性や子どもたちが徒歩で何往復もしなければならず、汲みにいった水でさえ安全かどうかわからない社会が存在します。OSG ではアジア・アフリカへの「井戸」「飲料水供給」プロジェクト支援活動を通じて、社団法人アジア友の会を支援しています。


カンボジアへの教育環境支援活動

カンボジアへの学校寄付

OSG では、カンボジアに1年に学校1校を、20年間にわたり寄贈し続けています。


東日本大震災被災地支援活動

浄水器 3,000台を無償提供

被災地域のお客様に対し、販売店様を通じて家庭用浄水器「エクセレントツイン」を無償提供致しました。

備蓄水・ボトルドウォーター 10tを被災地へ

『アントニオ猪木氏 東日本大震災の被災地訪問』にて、水不足に悩む避難所を訪問し、備蓄水・ボトルドウォーター10tなどの物資を届け、多くの人々に喜んでいただきました。そのニュース映像は当日のNHKや各局のニュース番組でも放映され、被災地に「水」と「元気」を届けました。


映画『セカイイチオイシイ水』の製作・配給

文化を作り、伝える『セカイイチオイシイ水』

「文化」を提供できる企業を目指して、水を題材とした映画「セカイイチオイシイ水~マロンパティの涙~」は、国境を越え、過去を乗り越えた友情の絆「フィリピン水道建設プロジェクト」実話を元に作成し、「水の大切さ」を「子供から大人まで」が考えるキッカケとして2019年9月から全国で順次公開されました。


新型コロナウイルス対策 支援活動

緊急事態宣言の7都府県に除菌水(20L) 1万ケースを無償提供

当社は新型コロナウイルス感染拡大予防としてオーバーシュートを懸念していた東京都と大阪府に対し、 消毒液として自治体などが推奨している次亜塩素酸除菌水の無償提供の申し入れを3月に行っておりました。
4月7日に緊急事態宣言が発令され対象エリアが7都府県になった事を受け、新たに神奈川県、千葉県、埼玉県、 兵庫県、福岡県に対して、当初の5千ケースを1万ケース(※160万本相当/500mL換算)とし、無償提供する事と致しました。

■埼玉県 川越市

■大阪府 大阪市

■神奈川県

サステナビリティへの取り組み

ページトップへ